男の子を産み分けするためには、男性の食事が重要に

男の子を産み分けするためには、男性の食事が重要に

子どもは天からの贈り物です。最近は妊娠活動を頑張って苦労の末に恵まれるカップルもいらっしゃいます。一方で特に意識する事なく普段からセックスを行っているだけで子宝に恵まれる夫婦もいており、一人っ子ではない家庭はあります。ただ姉妹ばかりではなく、やっぱり男の子が欲しいと感じている夫もいるようです。やはり自分と同性の子供がいた方が良い、古い考え方かもしれないけれど家業を継がせるなら男の子が良い等、家庭にはそれぞれ事情があるでしょう。

 

妻と夫が健康体であれば妊娠活動はスムーズに進みますが、産み分けは意識しなければ出来ません。毎年子作りに挑戦しても再び女の子だと、姉妹が増えるばかりです。男の子が欲しいと切実に願っている夫婦は食事の面を意識して、産み分けにチャレンジしてみましょう。

 

そもそも人間には性別がありますが、男性と女性の違いを生み出しているのは遺伝子の僅かな差異です。ほんの一部、遺伝子の情報が違うだけで、生まれてくる子供の性別が変わるのが人類の神秘であり、最後の遺伝子情報がXだと女の子、Yだと男の子になります。

 

赤ちゃんのもとと言えば夫がセックスの時に射精する精液です。男性が遺伝子情報のYとなりやすい精子を出せば、完璧ではありませんが産み分けの確率がアップすると考えられています。具体的には酸性の素材を使った食事が必要です。牛肉や鶏の卵、鶏肉や豚肉などの料理が酸性の食品であり、また男性が好きな肉系のメニューなので夕飯にも並べやすいでしょう。

 

お肉料理には男性の精子の量を増やしたり、運動量の活性化に繋がるアミノ酸やアルギニンなどが含まれており、いわゆるセックスに向けての栄養補給にも重宝しますので、一石二鳥です。他にもトマトやキウイ、梅干しやピクルスなどの素材も適しています。

 

バナナを女性が毎日食べると男の子が生まれやすいという意見がありますが、これは科学的根拠がない俗説であり、生まれた場合は偶然が関連したものだと考えられています。

 

 

page top