産み分けゼリーは病院で入手すべき?

産み分けゼリーは病院で入手すべき?

「産み分けゼリー」を性交前に使えば、女性の膣内を酸性もしくはアルカリ性のどちらかに変えて、酸性なら女の子、アルカリ性なら男の子に産み分けが可能です。ただし、100パーセント希望通りにはなりません。産み分けゼリーは希望の性別になる確率をある程度まで高めるためのものです。

 

産み分けゼリーを入手するには、病院で診察を受けてから出してもらう方法とネット通販などで売られている市販のものを購入する方法がありますが、市販で入手する方が安くすみます。その上、病院と市販では売られているものに違いはありません。また、ネット通販のまとめ買いなどをうまく利用すれば、病院で出してもらう場合の半額に近い金額で入手することも可能です。

 

ならば、病院で入手するのではなく、市販のものを買う方が良さそうなのですが、病院での入手には大きなメリットがあります。それは、排卵日が正確にわかる点です。女性は、ストレスがたまったり体調が悪くなったりすると、排卵日が予定通りにやって来ないことがあります。病院で排卵日を調べてもらえば、産み分けゼリーを使うタイミングを誤ることがないので、効率的に産み分けを行えます。また、何かあった時にすぐ医師に相談が出来るので、安心です。

 

そこで、産み分けゼリーを買う前にまずは病院へ行き、排卵日のみを調べてもらうのも手です。その後、ゼリーをネット通販などで購入すれば、安全かつ安価で入手出来ます。

 

産み分けゼリーを通販で買う場合に注意すべき点があります。それは、日本製を選ぶことです。安い海外製もたくさんありますが、副作用などのリスクを負う危険があります。なお、成分が公表されているかどうかも重要です。どれを買おうか迷った場合は、ピンクゼリー・ベイビーサポート・ハローベビーの3種類から選ぶと良いでしょう。これらは人気があり、安全面にも定評があります。

 

ネット通販で入手する場合は、各ショップの口コミ情報をよく読むことも重要です。悪質なショップも存在するので、他の購入者の意見を確認してから購入すべきでしょう。

page top