40代からの更年期を乗り切るコツ|症状と対策方法

40代からの更年期を乗り切るコツ|症状と対策方法

更年期の症状は大きくわけて2つ

特に40歳以降の女性にあらわれるという「更年期」と呼ばれる症状ですが、大きく2つに分類することができます。
1つ目として挙げられるのは、女性ホルモンの減少に端を発する自律神経の乱れです。一般医に、加齢とともに女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌は減少してしまうものです。そうなると脳の視床下部と呼ばれる場所は焦って興奮状態となってしまい、そのことが自律神経の中枢にまで影響してしまうのです。具体的な症状としては、のぼせやほてり、異常な発汗、イライラ、気分の落ち込みなどです。私達が思い浮かべる、いわゆる「更年期」と言われる症状はこちらのものです。こちらの症状というのは、月経回数の減少(不順)が始まるのとほぼ同時期に起こり始めますが、そのうちに私達の体と心は、女性ホルモンの減少にも適応できるようになってきて自然に治まってしまいます。老年期に入れば消失してしまうのが普通です。

 

対してもう1つの症状というのは、更年期の終わり頃であったり、終了後に現れるものです。これは、若い頃は分泌がさかんであった女性ホルモンが減少したり無くなったりしてしまうことが原因と考えられます。また老化によるやむを得ない現象であるとも言えます。具体的には、膣粘膜の乾燥により刺激に過敏になる、皮膚もしびれやかゆみに対して過敏になる、残尿感や尿漏れなど様々です。?これらの症状は年を重ねるにつれて改善するということはなく、老年期に入った後でも悩まされることが多いのです。しかも、老年期に入った後で深刻化してしまう症状さえあります。たとえば、骨粗鬆症や動脈硬化症です。これらというのは男性にもみられる症状ではありますが、年齢を重ねるごとに少しずつ進行していくのが特徴です。これに対して女性の場合は、閉経後に急速な進行をみせることがあるのです。女性ホルモンがなくなったことだけでなく、心身の老化であったり、生活習慣の乱れもなども要因です。ですので女性の場合は特に、事前にしっかりと正しい知識を身につけ、予防と対策に努めることが重要なのです。 dhaサプリランキング で見つけたサントリーのdha・epaサプリが万能的で良さそうです。

 

また「更年期」と呼ばれる症状というのは、たいへん個人差の大きなものでもあります。人によりその症状や度合いも違っていて当たり前です。たとえば月経、つわりや出産なども人それぞれで、簡単に済む人もいれば、困難をきたしてしまう人もいますよね。それと同様です。?更年期の症状についても、どんな人に重くあらわれ、どんな人は軽く済むかというような、明確な説明は不可能です。妊娠や出産、妊娠中絶経験の有無なども無関係です。個人差が大きく現れてしまうのは、更年期症状には「老化」というこれまた非常に個人差の大きなものが、大きく影響しているせいでもあります。それだけでなく、何らかの更年期症状が現れた場合、それが確実に生理的・病理的な症状であるのか、それとも精神的なもの・生活環境に起因するものであるのかを区別することは難しいのです。こういったことも症状を複雑化させている要因であると言えるでしょう。"

ホーム RSS購読 サイトマップ