男の子を産み分けるための成功ガイド※産み分けゼリーを使おう

産み分けゼリーを使って男の子の確率をあげる

子供は天からの授かりもので、本来なら男の子でも女の子でも嬉しいものです。

 

しかし、跡取りとして男の子を所望されることも少なくないのが現状です。

 

50%の確率ですが、なかなか望んだ性別を産むというのは難しいです。

 

そんな現状において、望んだ性別の子供を産む確率を上げる方法があります。

 

それは、産み分けゼリーです。

 

詳しくはこちら⇒産み分けゼリー 比較

 

受精した際、精子が男の子のY染色体をもつか、女の子のX染色体をもつかによって性別が決まります。

 

この精子なのですが、Y染色体を持つ精子はアルカリ性に強く、X染色体の精子は酸性に強いとされています。

 

そのため、産み分けゼリーを使って望んでいる性別の精子が強い状態に膣内をして成功率を挙げるという方法が産み分けゼリーになります。

 

例えば、男の子がほしいのであればアルカリ性に膣内をコントロールすれば成功率が上がることになります。

 

使い方は、メーカーによって異なりますが、多くはゼリーを40度ほどのお湯で溶かし、注射器の形状のもので膣内に入れるという方法で使います。

 

多くの産み分けゼリーは天然由来の成分を使っているため、身体に害はないと言われいます。

 

しかし、海外製のものより日本製を使用したほうがいいでしょう。

 

海外のものでも日本の商品を使う場合でも成分などをきちんと見ることをお勧めします。

 

もちろん、この方法で100%産み分けができるわけではありません。

 

しかし、何もせずに受精した場合よりは成功率が上がります。

 

比較的簡単な方法なので、実践している人も多いです。

 

といっても、もともと50%の確率で望んだ性別の子供が生まれるわけですから、通常よりすこし確率が上がるくらいだと思ったほうがいいです。

 

実際どれくらいの成功率なのかの第三者機関のデーターがないため、メーカーの数値が絶対だと言えないのが現状です。

 

産み分けゼリーを使う際は、これで大丈夫と思うよりはこれですこし確率が上がったくらいに思って利用したほうがいいでしょう。

 

それくらいの気持ちのほうが意外と成功します。

page top